Windows 10 無償アップグレード後にマザーボードを変更可?


はたしてWindows 7 から Windows 10 に無償アップグレードした後にマザーボードを変更したPCで Windows 10 を使い続けられるか?

これについてはネット上にいろんな書き込みがありますが、この度、マザーボードが故障し別のものに換装した後、Windows 10 のライセンス認証に成功しましたのでお知らせします。

注) PCは自作、Windows 7 は DSP版です。

その方法とは要約すれば、「 Windows 7 に戻して認証を受けてから Windows 10 に再アップグレードする」 です。

以下、自分なりに解釈した理由です。

1) ライセンス認証されたWindows 7 のPCでは Windows10 へのアップグレードができる。この場合ライセンスキーの入力は不要。

これは ご存知の通りです。 ハードを変更しない場合はもちろんこれでOKです。

2)Windows 7 のPCにWindows 10 をクリーンインストールして Windows 7のライセンスキーで認証できる。

この方法は最近できるようになりました。 いちいち Windows 7 に戻さなくても再インストールできますし、互換性のない古いドライバやアプリ、あるいはゴミをきれいにしてインストールする場合にも便利です。

最初は 2) の方法でライセンス認証を試みましたが、見事拒絶されました。 電話認証も不可です。

確かに、 1) と 2) とも、 同じPCであることが前提です。 マザーボードが変わると別PCとみなされます。

今回は マザーボードを最新の高性能のものに変更したので、それに合わせて CPU、メモリーも交換し、おまけにグラフィックボードも新しくしています。

ここで、以下のことを思い出しました。

Windows 7 DSP版 はマザーボードを交換したPCや 異なるPCでも ライセンス認証ができる。

ただし、すんなり認証されるわけではなく、MSへの電話自動応答あるいはオペレータ呼び出しでの認証になります。

というわけで 2) の方法で Windows 10 に認証されなかったPCをWindows 7に戻して認証(電話認証)を受けたのち、1)の方法でめでたくWindows 10 の認証を得ることができました。

ただし、この方法が可能なのも今年の 7月末までと思われます。 日本マイクロソフトは無償アップグレードの期間は絶対に延期しないと公言しています。

ということは、マザボを替えたいと考えている人は今のうちかも・・・・

追記)
今回は古いマザーボードの時に、一度 Windows 10 にアップグレードし、Windows 7 に戻したという経緯があります。
でも本質には関係ないように思います。