パソコンをあえて修理しないで使えるようにする。


パソコンが壊れてもあえて修理しないで使えるようにする方法です。

といってももちろんどんな場合でもできるわけではなく故障の範囲は限られます。

たとえはヘッドフォンジャックやマイクのコネクタ端子が壊れてぐらぐらする場合は、

これをPCのUSBに挿すだけです。

LANケーブルの差込口が壊れて使えない場合は、

これをPCに挿し、LANケーブルをつなぎます。

実際に修理に出す場合に比べて1ケタぐらいの金額の違いがあるでしょう。