Windows 11 がインストール可能かの判定


Windows 11 の最小要件は次のようになっています。

プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ4 GB RAM
ストレージ64 GB 以上の記憶装置
システム ファームウェアUEFI、セキュア ブート対応
TPMトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
システムの最小要件
  
グラフィックス カードDirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)
インターネット接続Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です

これらを確認できる互換性確認ツールがありますが現在(何らかの不具合で?)準備中になっており利用できません。

WIndows11 互換性ツール

ツールを使わずともそれぞれの要件は簡単に調べられますが TPM 2.0 はあまり知られていないので調べ方を示します。

Windows キーを押しながら R キーを押して、[ファイル名を指定して実行] ボックスを表示します。 「tpm.msc」 と入力し、Windows TPM 管理ツールを開きます。 TPM が有効の場合、TPM 管理画面が表示され、その他の詳細が表示されます。

TPM 確認画面

対応していないマザーボードでは以下のように表示されます。

TPM 確認画面